継続雇用の支援

雇用前から障害を持っていなかった人でも、事故や病気によって障害を持っていると認定された時、企業でも障害者雇用としても支援制度を利用することが出来ます。
そのため、上記のような理由で障害を受けてしまった人でも、仕事を辞めることなく同じ職場で継続的に仕事を行うことが出来ます。
本人にとっても慣れている環境で働けるというメリットはとても大きいといえるでしょう。
また、職場に復帰できるように訓練など行政でもサポートを行ってくれるので、安心して仕事を続けていくことが出来ます。
なお、申請するためには、障害を証明する書類を揃えておくなど、必要な準備がたくさんあるのでこれらを踏まえて計画を進めていくことが重要になります。

継続雇用の為に補助される金額は、企業が支払っている給与の額によって決まります。
健常者と障害者の雇用を行うことによって、給与に差が発生してしまうことがないように、行政が支援を行ってくれます。
なお、給付される額の割合は行政によって異なっているので、このような点についても把握してくことが必要といえるでしょう。
このように、継続雇用がしやすいように整えられているので、とても働きやすい環境づくりを進めていくことが出来ます。
交付が適用される期間も決められているので、このような点についても話し合いを進めていって、利用する計画を立てていくようにすることが重要になります。